半分こダイエット

太ってきた。
特に何か不摂生をしたつもりはない。
なのに体重が増えた。ボボーン!と。10キロぐらい。

これまで私はヒョロリとやせていた。背もまあまあ高いほうだ。
なので人からよく「アンガールズの3人目」とか「進撃の巨人」とか、ほめられていたのに!
「長身痩躯の奇行種」という唯一のチャームポイントを今、急速に失いつつある!
しかも、先日書かせて頂いた通り、ハゲつつある!

以前「絶対にやせる方法」という記事の中で、「自分は大食いだが、まったく太らない」と、えらそうに自慢した。
そして「ほめられスレンダーボデー」をキープできているのは、次の4つのことを日々の習慣にしているからだと書いた。

・パワーアンクルを装着して生活
・歩くときは常に大股で早歩き
・万歩計を持ち、1日の歩数をチェック
・入浴前に10分間の筋トレ

これは今も変わらず続けている。
でも太った。ボボーン!と。10キロも。
「クライザップは効果が無い」と本人の体が証明してしまった。
そして今も恐ろしいペースで増量中。
最近はもう、だんだん体重計が死刑台に見えてきた。
結果にコミットしないインチキクライザップの代わりに何か別の方法を取らなければならない。

世の中には様々なダイエット方法がデブの数ほど存在する。
しかしその中でも、ひと昔前、岡田斗司夫さんが提唱&実践&完璧に結果を出した「レコーディング・ダイエット」は、やはりなかなか優れていると思う。

まず、その人それぞれの「適切な1日の摂取カロリー数」を設定。
食べた物のカロリー数を記録。
設定した数値の範囲内であれば、何を食べてもOK!というやつである。
これなら「たんぱく質はダメ!とか「糖分はダメ!」などの、メニュー制限系ダイエットにつきまとう「食べたい物が食べれない…」というストレスに苦しめられることなく続けられる。

しかし、レコーディング・ダイエットは、食べるモノのカロリーを、チェック&計算するのが、ちょっとめんどい気がする。
自炊の場合などは、できたモノが何カロリーかよくわからんし。

そこで、岡田さんも著書の中で少し書いておられたが、レコーディング・タイエットをちょっと簡略化して、「半分だけ食べる」という方法をとることにした。
何を食べてもいい。
でも必ず半分こして片っぽだけ。
ご飯も半分。ハンバーガーも半分。ケーキも半分。ポテチも半分。
そしていつか体重も半分。
言うなれば「半分こダイエット」である。
シンプルだし、これなら続けられそうだ。
取り戻す!ワシは!
通りすがりの小学生たちに「あっ!エヴァンゲリオンじゃ!」と指さされた栄光のガリガリボディーの日々を!

しかし、さっき久しぶりに岡田斗司夫さんの動画を見たら、なぜか普通にすっかりぽっちゃりリバウンドしておられた。
なぜだ!?
良くは知らんが前に女性キャンダルがあったと聞く。
それで情緒不安定になってヤケ食いしてしまったのか?

私もこの「半分こダイエット」が失敗したら、もう知らん。
ヤケ食いしまくってやる。
床が抜け落ちて階下の茶の間にコンバンワするぐらい激しく重くデブってやる!
そしてムケチンみたいにテカテカにハゲ散ってやる!
その時は自画像も ↓

ビフォー
という現在のモノから↓

アフター
に変更!ブログ名も「ハート様のひでぶろぐ♥」とかにする予定!
(おわり)

Twitterなどをフォロー↓

広告