デスクワーク中の眠気に悩んでいる方へ

デスクワーク中のモーレツな眠気。
ラリホーかけられたレベル1の戦士みたいに、これに苦しめられている方は多いと思う。
特にこの時期。
「春眠暁を覚えず」と言うが、昼間も眠いっ。
眠気をねじりふせ、何とか起きて出勤し机につくと、春の妖気のせいなのか、魔法をかけられたみたいに、またすぐ眠くなってくる。

トロトロ居眠りしていたのでは、仕事もトロトロ、はかどらない。
それに上司がもしも、映画「セッション」のフレッチャー先生みたいなパワフルなパワハラ野郎だったらもう大変!
居眠りしてたことをみんなの前でなじられ、どなられ、泣かされ、ついにこっちも逆ギレ。ボールペンで上司の顔面をブスブス百連発。上司、血を吹き出しながら「バギャロエアアァッ!」と謎の断末魔と共に死亡。犯行の動機を聞かれ「居眠りを怒られて腹が立ってやった。誰でもよかった。逮捕されたかった。今は反省している。」とよくわからないことを話し、ヤフトピに載ることになるのは必至。

「たかが眠気」とあなどるなかれ。
「睡魔」とはよく言ったもので、企業戦士にとって、まさに人生を破滅に導く恐るべきモンスターなのだ。今まで企業戦士という立派なジョブだったことはワシャないが!

そんな「使えない万年遊び人レベル1」のような私でも、いくつかのデスクワーク&睡魔との熾烈な戦闘経験あり。さまざまなアイテム&テクニックを試してきた。

眠気解消に1番いいのは「人と話すこと」である。これができるならほどんど居眠りしないと思う。
しかし、オフィスというのは基本的にだいたい私語禁止。
昔、私がバイトしていたデータ入力の会社は、眠気を飛ばすべく人と話していると「口より手を動かせ」とすぐ怒られ、口が止まって眠気が訪れ手も止まると、奥のほうにある謎の部屋に連行され、その人は数十分後、悪徳暴力刑事の自白強要取り調べを受けてゲロした人みたいな青い顔でションボリ戻ってくるのだった。
話せない。こわくて。

次にコーヒーとか「睡魔退散!」みたいなドリンク系。
これは、たぶん効く…と思うが、時間差があるような気もするので、眠気が訪れる前に飲んでおいたほうが良いと思う。
飲み物系なら、コーラとかサイダーのような冷たい炭酸飲料も、けっこう気分がシャキッとする。甘ったるいのがイヤならペリエなんかオススメ。
しかし、眠気が飛ぶのはその瞬間だけで、持続はちょっと難しいかもしれない。

ガムとかアメは私の場合、あんまり効果がなかった。
ガムなんかはもう、噛むリズムに合わせてコックリコックリ。
噛む系なら、個人的にはむしろ「あたりめ」や「するめ」がオススメだ。
塩味で気分もピシッとするし、ついでに小腹が減るのも防げる。
しかし、オフィスでキレイなOLさんが口からゲソのぞかせてると「人間界にうまくまぎれこんでいたが、油断してヒュルッと正体をのぞかせてしまったクトゥルーの眷属」と疑いをかけられ、政府の特務機関を呼ばれ、捕らわれ、最終的に「ムー」の巻頭カラーに載ることになるのは必至。オフィスでの眠気対策としては現実的ではないだろう。

オフィスにクトゥルー

肉体労働というのは眠くならない。
そこで「運動しつつデスクワークをする」というのも試してみた。
イスに座っているようで実はギリギリ座らず、中腰でプルプル耐えたままパソコンに向かう。
小山ゆう先生の名作ボクシングマンガ「がんばれ元気」で主人公の元気くんが授業中に取り入れていた俺ジナルトレーニングのマネだ。ダメだ。もたない。15秒ぐらいしか。元気くんと違って体に元気なさすぎる。
しかも「お尻を浮かせてはプルプル耐えて座り…」をがんばって繰り返してたら、パッと見「定期的にすかしっ屁をしている人」みたいになってしまった。
そしてやがてジンワリ心地よい筋肉疲労でトロトロと眠気が…

こんな感じでいろいろ試したが「フレイムにヒャダイン!」ぐらい「これは絶対効く」という睡魔必殺の方法には、結局出会えなかった。
…というワケでデスクワーク中の眠気に悩んでいる方へ、お伝えできる凄ワザや豆知識は特にない。逆に教えてほしいぐらいである。

そこで私はもうデスクワーク中に眠くなったら「トイレに行って普通に寝る」ことにした。
個室に入って座り、タイマーをセット。時間は3分~5分間ぐらい。
シッカリ眠れずとも、目をつぶって意識がトロトロ、夢と入り交じるぐらいの状態でもいい。
こうするとちょっと眠気スッキリ、気分シャッキリ。何とかデスクワークに戻れるのであった。
みなさまもお試しあれ!
しかし、あんまり長く寝てしまうとウンチと間違われちゃうから気をつけよう!
(おわり)