52447

思ったより多かった…

みなさんは「500円玉貯金」というものをしたことがおありだろうか?
缶切りがないと開けられない貯金箱をスタンバイ、サイフの中に500円玉があればチャリンと貯金。
満杯になった時には魅惑の金額ザックザク!…というアレである。
私もやってみたことがある。何度か。
そして、トライしたのと同じ回数キッチリ途中で挫折した。

私のように、週6日の夕飯が俺ジナルベーコンエッグ丼、残りの1日は自分へのご褒美でエッグダブルという、東京の底辺をはいずりまわるギリギリサバイバーだった人間には「500円玉を使わずに貯金」というのは、けっこう生活にシビアなダメージを与えるのである。
ベーコンエッグ丼からベーコンが消えるぐらい。
最初はニコニコ調子良く貯金していても、給料日前には余裕ゼロ。笑顔もゼロ。
結局、激ムズな知恵の輪に挑んでる人みたいな顔で、耳かきを駆使して貯金箱のちっこい投入口から500円玉を必死でほじくり出しまくることに。
ぜんぜん貯められない。
で、途中であきらめて缶切りでパッカーンと開けてハイ終了。
いつもこのくり返しだった。

そこで、何度やっても挫折する500円玉貯金の代案として考え、実践し、長く続けることができている、ちょっとオススメな貯金方法がある。
「50円玉以下貯金」だ。

50円玉以下の小銭。
すなわち「50円、10円、5円、1円」の4種類。
買い物などをして家に帰った時、サイフの中に彼らがいたら、チャリンと貯金していくのである。
500円玉、100円玉はサイフの中に残したまま。
これなら生活へのダメージは、あまり感じずにすむと思う。ベーコンエッグ丼からベーコンも消えない。
ヒマワリの種をいっぱいためこんだハムスターのほっぺみたいに、サイフが小銭でパンパンに膨らむのも防げる。

50円玉以下貯金

写真のように、私はコントレックスのボトルを使っている。
いつも、これが3本貯まったら銀行の窓口に入金しに行く。
つい先日、ちょうど貯まったとこである。

………
しかし、よく考えたら、世間の人は、そんなに苦もなく500円玉貯金ぐらいできるのかもしれない。
耳かきは、耳垢を取るためだけに使うセレブな人生なのかもしれない。
…っていうか「ベーコンエッグ丼」なんて知らないのかもしれない。
何か猛烈に悲しくなってきた。なさけなくなってきた。
何が「50円玉以下貯金」だ!
金がなんだ!あんな紙クズ、鉄クズに喜怒哀楽を支配されてたまるか!
もう、みみっちい小銭の貯金なんかしない!
やめる!ワシは!「50円玉以下貯金」を!
今回貯まったのを最後に、キッパリやめてやる!

さて、そこで最後にクイズです。
上の写真の、コントレックスのボトル3本分の50円玉以下貯金。
銀行に持って行きました。
いったい、いくらだったでしょーか?
答えはタイトルに…

(おわり)


次回予告
読みモノの掲載は6月1日です。
マンガの掲載は5月22日です。6月8日です。6月22日です。6月30日です。
しかし、締め切り延ばしと50円玉以下貯金はやめられない!

Twitterなどをフォロー↓

広告