シン・ファミコン

160930_fcmini_top

ファミコン生誕30周年を記念して、先日「ミニファミコン」が発売された。

正式名称は「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」。
デザインは白とエンジ色の昔なつかし元祖ファミコンそのままに、サイズをKawaii手のひらサイズに大胆にミニマム!

付属のHDMIケーブルで今のテレビに簡単接続!
むいたり巻いたりはさんだり、頼んだお父さんの機嫌がみるみる悪くなった、昔のあの恐るべき接続作業はもう必要なし!

30本のゲームを、盗難アジアとかのパチファミに負けないぐらい景気よく収録!
価格は光栄のファミコンソフトより安い、グッと抑えたグッドプライス5、980円!
…というもの。
発売直後に完売。店頭にあらわれたとたん、はぐれメタルたちみたいにあっという間にいなくなったそうだ。

私は、前にも書いたがファミコンをこのようにパソコンにつないで「パミコン!」と全然HOTワードに入らない愛称で呼んで快適に遊んでいる。↓

img_1180
だから別にこの「ミニファミコン」を買えた人がうらやましくて言うワケではないが、この商品、昔のファミコンカセットを使えるわけではなく「30本のゲームを収録」といっても、逆に言えばブームに乗って星の数より多く出たファミコンゲームの中の「たった30本しかできない」ということだし、その中には宇宙最高の3Dシューティングアドベンチャーゲーム「スターラスター」も入ってないし、「ゼルダの伝説」は入ってるけどⅡコンのマイクは飾りだけなのでポルスボイスを景気よく一息で皆殺しにできないし、若い方にもわかりやすく言うとあのスターノイドも、バンゲリング軍も困った時に呼べないし、体育が苦手な太った中2男子が、マラソン大会で全校生徒がニヤニヤ待ってる中、女子は「超帰りたいんですけどー」とか言ってる中、みんなよりだいぶ遅れて最下位でやっとゴールした時のようなボロクソミドロな顔と汗だくボディーで、発売日に街中かけずりまわって、知ってるオモチャ屋全部まわって、お婆ちゃんがコタツでテレビ見ながら店番してる、網に入った毬とかぶら下がってる、駄菓子いっぱい売ってる昭和なオモチャ屋まで念のためのぞいてもどこにも置いてなかったので、買えた人、すごいうらやましいなと思った。

img_1163

img_1164

img_1165

ところで個人的には、こーゆーのでも良かったんじゃないかと思うのだがどうだろうか? ↓

img_1186-3

↑ デザインは昔のまま。値段も元祖ファミコンと同じ14,800円だ。でも凄い機能が満載なんだ。
ちなみに名前は「困った時はとりあえず何でもシンをつけとけ!」という今年のトレンドに全力で便乗して「シン ファミリーコンピュータ」だ!ありがちだね!

img_1195
↑ 昔のファミコンカセットが使えるぞ!しかもどこでもセーブができるんだ!
これで「ファイナルファンタジーⅢ」のラストのきちがいみたいに長いダンジョンも怖くないね!きちがいみたいに難しかった「スターラスター」の暗黒惑星だって直前でセーブしとけばヘッチャラだ!
ちなみに、バッテリーバックアップの電池が切れてるカセットも、何かイイ感じの機能により何か大丈夫なんだ。「レトロフリーク」といっしょだね!
関係ないけど写真は中古で150円で買った「アトランティスの謎」だよ。元の持ち主は大山くんっていうみたいだね。主人公が冒険家なのにコウモリのフンに当たって死ぬから、怒って売っちゃったのかな?

img_1188

↑ Ⅱコンにはマイク機能もちゃんとついてるぞ!これで手ごわいポルスボイスも景気よく皆殺しだ!スターノイドもバンゲリング軍も呼び放題だね!「ハドソン!ハドソン!」って言うより、もうみんな普通に「フーッ!フーッ!」って息を激しく吹きかけてたよね。そのほうが反応がいいんだ。だからツバでⅡコンがベチャクソになったよね。「バンゲリングあるある」だ。

img_1192

↑ ジョイスティック、パワーグローブ、ファミリーベーシック、妙なロボット、ディスクシステムも昔と同じようにつなげることができるぞ。
あっ!端子を金属でさわると「ベースボール」で魔球の次元をはるかに超越する変なカーブとか投げれて面白いよね!絶対やっちゃダメだ!約束だゾ!

img_1199

↑ 付属のHDMIケーブルで今のテレビに簡単に接続できるんだ。
昔のテレビしか持ってない地デジ難民の人も、AVケーブルで接続できるから大丈夫だよ。僕もちょっと前まで地デジ難民だったんだ。地デジ化ってホントむかついたよね!テレビが見れなくなったもんだから、昔録画してあった「アメトーク」の「昭和アニメソング芸人」の回を毎日毎日100万回ぐらい見たものだよ。「地デジ難民あるある」だ。

以上、「こんなゲーム機あったらいいな!」というほとばしる熱い思いをキチガイが書かせて頂いた。
今年は記念すべきファミコン生誕30周年。
そして来年は記念すべきファミコン生誕31周年。
ぜひこの「シン・ファミコン」を!
(おわり)

169909

Twitterなどをフォロー↓

広告